インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

お子さまからご年配の方まで、要望に添った治療を提案いたします

歯科医院に対して、「怖い」「痛い」など、ネガティブな印象をお持ちの方がいらっしゃるのではないでしょうか?私は、そのような方でも緊張せずに通える歯科医院を目指しています。

緊張せずにお越しいただけるよう、院内は白と茶色を基調としたゆったり落ち着いていただけるような空間にしました。さらに、歯科医師・スタッフ問わず、全員フレンドリーで話しやすい雰囲気作りを心がけています。気軽に通えるような歯科医院を目指して、日々の診療に全力で取り組んでまいります。

医療法人社団 彩友会の診療方針を教えてください。

患者さまに分かりやすくお口の状態や治療について説明し、複数の選択肢の中から納得していただける方法を選んでいただくことです。治療方法に関しては、状態に応じてこちらでも選定しますが、その中でもご要望によりアプローチの仕方が異なるので、選択していただくようにしています。「この治療をしないといけない」と意見を押しつけるということはありませんので、納得できる方法を選択していただきたいと思います。
また、説明に力を入れているのは、患者さまが抱えている不安を取り除くためでもあります。当院では、ライトの付いている手鏡などを使用して、どこに虫歯があるのかなどを実際に見ていただきながら説明しています。どこにどの程度の虫歯があるのか、実際に見ていただくことで、治療の必要性を理解していただけるよう心がけています。

分院長やスタッフさんが方針に沿った診療ができるように、どのような取り組みをしていますか?

歯科医師・スタッフ問わず、説明はしっかり行うように伝えています。勝手に治療を進めてしまうと、患者さまは何をされたか分からず不安を感じてしまう可能性があります。そのため、「今はこういう状態です」「今日はこのような治療をします」というようにお伝えしてから治療を進めています。
また、少しでも心地良く治療を受けていただけるよう、お口を触る時や器具を使用する時には、丁寧に優しく行うよう、スタッフ全員で意識しています。患者さまには最後まで治療に取り組んでいただきたいと思っていますので、不快な思いをさせないよう配慮しています。

医療法人社団 彩友会の歯科医院が目指している医院像について教えてください。

歯科医院に苦手意識をお持ちの方でも、緊張せずに通いやすいような歯科医院を目指しています。そのために、3院とも院内のデザインにこだわりました。白と茶色を基調とした清潔感のある空間で、歯科医院らしくない、リラックスできる雰囲気を意識しています。
また、診療に関してですが、「これまで通り何も問題なく噛める状態に整えること」を第一に考えています。「噛める」というのは、とても大切なことです。歯の痛みがあったり、歯が抜けてしまったりすると、十分に噛むことができなくなってしまいます。元通り噛めるようにすることが我々歯科医師の役目だと考えていますので、しっかり噛めて食事を楽しんでいただける状態に改善することを大切にしています。

さくらピュアデンタルクリニックやピュアデンタルクリニックアピタ市原の院長先生について、どう思われますか?

とても頼りがいのある歯科医師ですね。二人とも、頭の中で今自分がやるべきことを整理し、行動に移しているので、スムーズに診療を進められています。急患の対応は一度歯科医師に聞いてから案内をしているのですが、どんなに忙しい時でも時間を見つけて対応してくれています。
また、威圧感のないアットホームな雰囲気を持っていると思います。そのため、患者さまも緊張することなくお口の相談ができるのではないでしょうか。歯科治療においてコミュニケーションはとても大切なことです。患者さまとお話をしながらより良い診療を提案していることが、長く通っていただけることにつながっているのではないかと感じています。

矯正歯科、歯科口腔外科、インプラントは専門の歯科医師が担当していたり、大学病院との連携が可能なんだとか。

はい、治療時のリスクを抑えるためにも専門の歯科医師が担当しています。矯正治療や外科処置は、一般的な歯科治療より治療時に伴うリスクが大きくなります。そのため、その分野に関する知識や技術を深めていることが大切です。少しでもリスクを抑えながら診療を行うために、当院では大学病院と連携をして歯科医師を招いたり、紹介をしたりしています。また、提携先の大学病院とは密に連携を取っていますので、紹介後もスムーズに診療まで進めることが可能です。